配管工事

安全に使用できる環境を

配管工事は、絶対の『安全性』が求められます。
たった一箇所の隙間が大事故につながることもあるので、確実性の高い溶接作業が必要です。

当社では、様々な現場で培った知識と経験を活かし、高い『技術力』で確実な施工をお約束いたします。
品質第一を掲げ、お客様が安心して使用できる環境をご提供いたしますので、お困りごとがございましたら大小問わず、何でもご相談ください。

また当社では、水や液体の他に、薬品・ガス・油・蒸気・特殊気体など、効率よくスムーズに流す施工を得意とし、幅広い配管工事に柔軟に対応しております。
その他にも『製缶工事』も承っておりますので、配管のことなら『株式会社アーステック』にお任せください。

 

配管の種類

●ステンレス管
ステンレス管の最大の特徴はサビにくい所。
長期間の利用でも清潔さを保ちやすく、食品プラントなどのクリーンな環境が必要な現場では、このステンレス管が必須になります。

●SGP管
SGP管は白管・黒管の二種類に分類されます。
白管は表面がメッキ処理されている亜鉛が剥離し、ストレーナーを詰まらせる原因になるため、蒸気やドレンの配管には黒管を使用。

●STPG管
JISの正式名称は圧力配管用炭素鋼鋼管で、通称スケジュール管と呼ばれています。
高圧配管では一定以上の肉厚が必要。
口径を維持しながら肉厚を調整する必要がある場合には、このSTPG管を使用します。

●ナイロンチューブ
ナイロンチューブは軽量で柔軟性に優れているという特徴があります。
作業性が良く耐食性もあり、比較的安価です。
金属と違い、配管の自由度が高い為、配管の配置変更が多い現場などでは扱いやすいナイロンチューブ。
一方、ステンレス管や白管などと比べると、耐用年数が短くなります。

【電話】045-442-6437
【受付時間】8:00~17:00
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】横浜市を中心とした関東全域

一覧ページに戻る